ドイツ、台湾のWHO総会参加を支持

0
WHO総会(写真提供:自由時報)

ドイツ政府はこのほど、5月18日にウェブ会議方式で開かれる世界保健機関(WHO)年次総会への台湾のオブザーバー参加を認めた。ドイツ外務省のブルガー報道官は5月15日の定例記者会見で「参加に国としての地位は必要ない」と述べ、支持する考えを表した。さらに同7日、WHOに対し「台湾を招待するよう求める書簡を他の賛同国に送付した」と、加盟国に向け同調を促した事も明らかにした。なお、WHO側からの返答があったかは明言しなかった。